マカオ不動産投資は信頼と実績のセンチュリー21マカオ

急成長を続けるマカオは不動産投資、数多くの世界遺産、高級ホテルが続々と進出しエンターテイメント、観光などアジアのラスベガスとして注目を集 めています。日本やアメリカ同様、現地でも大手不動産業者として数多くのお客様にご支持いただいてるセンチュリー21マカオ・ウェストサイド・プロパテ ィならではのマカオ現地情報マカオ不動産投資物件を日本語でご案内いたします。

お薦め物件の更新順リストはこちら

マカオ現地でのご案内について、大変多くのお客様よりご好評いただております。2008年7月現在、サマーバケーション期間の7月中旬~8月中旬 頃まで相当数のご予約を頂戴しております。できるだけ多くのお客様にご利用いただけるようお申込フォームを用意いたしました。マカオにお運びの予定がお決まりのお客 様は、是非お早めにお申込 ください。 ご質問、お問い合わせは(電話+853-2883-9942または03-4530-3678で受け付けております)。


本サイトの正式オープン時にご連絡いたします

当サイト www.century21macao.jp は、現在、試験運用中です。
現在、旧サイト (http://www.century21.com.mo/jp/)と並行運用しており、コンテンツを追加中で、リンクが設定されていない画像等も存在しています。
下記の入 力フォームにメールアドレスを頂戴できれば、本サイト正式開業時および特価物件のお知らせ等をメールにて送信させていただきます(送信回数は最高でも 週1回程度、通常は月1回程度を予定しております)。

上記にメールアドレスを入力して、案内希望ボタンを押してください(別ウィンドウが開きます)。

海外への不動産投資なら、急成長の続くマカオに

2007年から少なくとも7年間は、マカオの経済拡大が確実視されています。経済の力強い成長こそ、不動産価格が上昇する最大の要因です。中国でありな がら、ポルトガル時代の法制度、政治制度、経済制度を維持しているマカオには、多くの外国人が投資を開始しています。


ラスベガスで最も有名なカジノ・リゾートであるMGMがマカオ半島に登場します。MGMグランドマカオは2007年12月18日に開業予定で、 世界的なマカオへの注目と投資熱が一段と高まりそうです。また、MGMはコタイ地区に大型リゾートを建設する計画もあわせて発表しています。

ベネシアン・マカオ(Venetian Macau)の開業日である2007年8月28日は、マカオが新たな発展を開 始した日として記憶されるでしょう。単なる博打場から、アジアの総合エンターテイメントの中心地として、マカオの大発展がはじまります。観光客の滞在 日数の長期化、従業員など労働者の増加、都市基盤の整備・・・どれをとっても、不動産投資には魅力的な材料です。


 

このページの先頭へ